医師事務作業補助が行う主な仕事とは

医療を学ぶnavi

仕事内容について

ウーマン

医療文書の作成

医師事務作業補助の1番メインの仕事が医療文書作成になります。医師と一緒に診察に同行して、診療の記録を代行して作成していきます。その作業は、患者が保険会社に提出するものを作成していくものになります。患者の数によってどんどん作成数が増えていくので、手早く作業をこなすことが重要になるのです。

電子カルテ

最近では、電子カルテが導入されています。電子カルテは、診断した患者の情報をパソコンなどに入力して保存するものです。パソコンに入力しておくことで、次回の診療の際に電子カルテの過去の情報と比べて診断しやすいのです。作業効率のアップと医師の中での情報共有をすることができます。こういった業務を問題なくこなせるように、通信講座でも学べるようになっています。

医療の質を向上させる事務作業

医師の質を向上させるために必要となるのが、診療データ管理になります。診療のデータをしっかり管理しておくことで、次回の診療に備えて準備をすることができるのです。医師が見てすぐに理解できるような、しっかりとした情報管理が必要となります。

行政の対応

もし、患者の中に感染症患者が出た場合、医師は保健所に届け出をしないといけません。感染症は様々な種類があるため、感染症発生の届け出と治療に関して詳細情報などを提出する必要があります。そこで、医師ではなく医師事務作業補助がその届け出の手続きを代行で行うのです。行政への届け出は、複雑な書類が多くあるため医師事務作業補助のサポートが必要不可欠なのです。

医師事務作業補助としてのやりがい

医師事務作業補助という職種は、まだ病院の中でも認知されていることが少ないです。しかし、医師事務作業補助として病院で勤務することで、医師事務作業補助が行う仕事とはこういうものだと認知されます。そういった部分を含めて、自分がこなす作業に対して責任を持つことができ、取り組むことができる仕事なのです。この仕事を目指すなら、通信講座を受けて資格を取ることから始めましょう。スキルアップが重要ですよ。